様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 仮性近視とは?

スポンサードリンク

仮性近視とは?

仮性近視とは、近くを長い時間見ることによって、毛様体筋が緊張し、今度は遠くを見る時にピントが合わない状態です。
一時的に近視と同様の状態になり、視力が落ちてしまいます。視力が回復しやすいとされる仮性近視ですが、緊張の状態があまり長く続いてしまうと、だんだんと治りにくくなってしまいます。

例えば、体の一部をある方向へ固定していたとします。その固定していた時間が長ければ長いほど、もとの感覚を取り戻すのに時間がかかるのと同じで、仮性近視も早ければ早いほど視力が回復しやすいのです。
早期の状態であれば、一般的に点眼薬で毛様体筋の緊張を解く方法がとられるようです。

ただし、目に悪い状態をなるべく避けるような日常生活での努力、読書の姿勢をよくするやテレビを見る時間を短くし、離れて見るなどにも気をつけることも必要になります。
せっかく仮性近視が治っても、以前と全く同じ生活を続けていては、再び近視になってしまう可能性が大いにあります。眼軸は子供のころは短く、遠視傾向にあります。眼軸は成長とともに長くなり、大人の眼軸長(約24mm)になるのは体の成長と同じ位で20才前後といわれています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?