様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > レーシックのリスク

スポンサードリンク

レーシックのリスク

レーシックをすることで何もよいことばかりがあるわけではなく、光あるところに影があるようにデメリットを含めたレーシックのリスクもあるわけです。
レーシックのリスクをあげるとまず、もう後戻りはできないということです。勘違いが恐いので述べておきますが、レーシックは視力の矯正であって視力の回復ではないということです。

眼球の構造として近視(または遠視・乱視)になっているものをレーザーによって強制的に屈折変えただけですので、根本的な視力を出す仕組みは悪いままです。レーシックで削った角膜は二度と元にもどることはありません。仮に数年後レーシック
を上回るそれこそ真の視力回復法という治療法が開発されたときにレーシックを受けて角膜の形を変えてしまった場合は適応外ということになるかもしれません。

同じようにレーシックに関しては長期的なデータがないために何十年後になって重大な障害やトラブルが発生することもないとは限りません。このような事態になってからレーシックをする前の状態に眼を戻すなどということはできませんので十分それらを理解してからレーシックの手術をうけるかどうか決める必要があります。

そのほかレーシックに関するリスクとして、思ったほど視力が出ないということがあります。メガネやコンタクトレンズで強制した視力ぐらいはレーシックによっても出せるというのが通説ですが、レーシックにも適正があるのか、どの程度まで視力が回復するかは個人差があるうえ、視力が出てもその見え方(色のコントラスト、夜間における視力など)に影響がでることがあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?