様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 海外のレーシック事情

スポンサードリンク

海外のレーシック事情

レーシックに関しては日本は後進国ですが、海外ではレーシックはどのような扱いなのか豆知識的なことも含めて紹介していきたいと思います。

レーシックの本場であるアメリカでは年間100万人の人がレーシックを受けているといわれており、近視の人の1割がレーシックを体験しています。レーシックの本場だけあって値段も安く、1000ドル程度で手術を受けることできるため、日本人でもわざわざ治療費の安いアメリカにわたる人もいるほどです。

アメリカの場合、すでにレーシックを受ける人口は飽和状態にあるため、手術件数がこの先増加することは難しいですが、変わって急激な勢いでレーシックが普及していくと考えられるのは中国をはじめとしたアジアだといわれています。経済が発展して近代化が進めば進むほど、それに比例して近視の人も増えていくとにも当てはまりますので間違いないことでしょう。

海外ではアメリカ以上に安い費用でレーシックを受けることができるところもあり、タイ、ブラジル、韓国が料金も安く技術・実績にも信頼がおけるとの話です。

海外で受けるレーシックは費用の安さという魅力はあるものの、万が一のときの言葉の問題、術後のアフターケアの対応など、不安な点もありますので、安易に海外でレーシックを受けることはおすすめできません。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?