様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 目の構造

スポンサードリンク

目の構造

目の構造は、カメラにたとえられます。目の一番外側の表面部分には角膜があります。外から入ってきた光は、まず角膜で屈折します。
次に前房があり、その奥に虹彩があります。虹彩はカメラでいう絞りに相当し、入ってくる光の量を調節しています。
さらに奥には、カメラのレンズに相当する水晶体があります。水晶体は、角膜と同じく光を屈折させます。水晶体は近くを見たり、遠くを見たりするばあいに応じて、水晶体周囲のチン氏帯と毛様体の緊張・緩和によりレンズの厚みを変化させ、ピントを合わせるはたらきをします。

ちなみに、角膜・水晶体ともに光を屈折させる作用がありますが、角膜は水晶体の倍程度の屈折力があります。
また、角膜の厚みは一定ですが、水晶体はそれ自体の厚みを変化させることでピントを合わせるはたらきをしています。

光は水晶体の次にある硝子体を通り、網膜に到達します。網膜はフィルムに相当する部分で、ここに写った画像が視神経をつうじて大脳に伝えられ、モノとして認識します。私たちは、物体を目で見ていると思っていますが、実は見るということは脳で認識することなのです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?