様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > コンタクトレンズによる眼障害

スポンサードリンク

コンタクトレンズによる眼障害

コンタクトレンズは多くの方々に使用されている視力矯正法かと思います。ですが長年の使用で慣れてしまい、取り扱いが雑になってしまっているケースや正しくない使い方をしているケースも多く、コンタクトレンズによる眼障害が多く報告されています。
日本眼科医会などのアンケートによると、一年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起こっていると推測されるとのこと。つまり、コンタクトレンズ使用者の10人に1人の割合で眼障害が発症しているということになります。目の健康への理解を深めましょう。

酸素の透過性がハードと比べて少ないソフトコンタクト。酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまいます。一旦死滅してしまうとその細胞は復活できません。つまり減る一方ということです。
レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用してしまうということはとても危険なことなのです。また、カラーコンタクトレンズはソフトコンタクトより更に酸素の透過性が低いので要注意です。
ハードコンタクトなら安心というわけではなく、やはり長時間(期間)の連続装用は負担も大きいですし、またきちんと洗浄していない場合は感染症の危険性が出てきます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?