様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 視力が良くてもメガネが必要なケース

スポンサードリンク

視力が良くてもメガネが必要なケース

視力が良くても、遠視や近視、乱視など屈折異常の場合は眼鏡が必要となります。遠視の場合は、遠くの物を見るときにピントを合わせなければならず、また近くの物を見るときでも遠くの物を見るとき以上にピントを合わせなくてはなりません。
眼鏡によって過度にピントを合わせないようにして、斜視になり難くしますので、調節性内斜視では、遠視用眼鏡をかけていないときは内斜視となり、眼鏡をかけることによって目が真直ぐとなります。

眼鏡は、軽い遠視であれば斜視治療のためだけに必要となり、はっきり見るための眼鏡ではなく、遠視は10代でよくなることも多いのでいずれ不要になるか、または近くの細かい作業を行うときだけかける程度ですみますが、強い遠視ではっきり見るために眼鏡が必要な場合や、斜視のために必要な場合、強い近視や乱視などの場合には、ずっと眼鏡をかけ続けることが必要となります。

遠視による斜視の場合は、成長すると斜視をコントロールできるようになることがありますので、その場合にも眼鏡は不要となります。眼鏡をかけていると、眼鏡をはずしたときの方がよく見えるということがあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?