様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > コンタクトレンズ

スポンサードリンク

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは、目の表面に乗せる極薄のレンズです。
角膜とレンズの間はメガネのように空気ではなく水分(涙)で密着させています。角膜とコンタクトレンズが、レンズを2枚張り合わせた1つの光学系になるわけです。そのため、メガネのような周辺収差が非常に少なくなります。

高度近視のために分厚いメガネをかけていた人がコンタクトレンズに変えた途端視界が広く見えたり、明るく見えたり、見え方がはっきりとしたりする事があるのはこのためです。これがコンタクトレンズのメリットです。
軽度近視の人のメガネはもともと収差がそれほど大きくないためコンタクトとの違いもそれほど感じられません。

また、コンタクトレンズのメリットとしてメガネと同様に状況に応じて交換可能です。次に、デメリットとしてはレンズが直接目に接しているため適切に処方されていない場合には、角膜に密着しすぎて十分な酸素た栄養素が供給されず角膜表面の細胞(角膜上皮細胞)が傷害されることがあります。
また、コンタクトレンズは、瞬きなどでいつも動いているので常に、目をこっている状態なの目のトラブルを引き起こす可能性があります。角膜とレンズの間が水分(涙)で満たされているのが装着の条件ですから、ドライアイのように涙の出の悪い人はトラブルがおこる可能性が更に高くなります。

コンタクトレンズは、まばたきなどでいつも動いているので常に、目をこすっている状態なの目のトラブルを引き起こす可能性があります。角膜とレンズの間が水分(涙)で満たされているのが装着の条件ですから、ドライアイのように涙の出の悪い人はトラブルがおこることがおおくなります。

また、目そのものに病気があるアレルギー性結膜炎の人なども向いていません。そして、角膜の表面に細かい傷ができやすいので傷にバイ菌が入り込み細菌性の角膜潰瘍などを招く可能性もあります。こうした、トラブルを防ぐには常に、コンタクトレンズを清潔に保たなければなりません。
面倒くさがりでコンタクトレンズをいつも清潔に保つ事のできない人もコンタクトレンズは向いていないことになります。

基本的には、コンタクトレンズは安全なものですが、使い方を間違えると本来の性能を発揮できないばかりか危険を伴います。コンタクトレンズは、手入れをきちんとし、眼科医の定期検査を受けて目に異常がないかをチェックすることが大切です。

人間の体の表面で一番敏感なの部分は目の黒目。つまり角膜なのです。
角膜は皮膚の300〜400倍もの知覚神経が密集しています。この極めて敏感な部分に異物(コンタクトレンズ)を置くわけですから目にとってみれば大きな刺激を感じていることになります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?