様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ダイエット > 脂肪細胞

スポンサードリンク

脂肪細胞

肥満の原因となる脂肪は、脂肪細胞の中にあります。脂肪細胞は、細胞の中に脂肪をため込み、必要に応じてエネルギーを放出します。いわば、脂肪細胞とは、エネルギーの貯蔵庫といえるかもしれません。ただ、貯金ならよいのですが、脂肪をためすぎるのは良くありません。脂肪細胞に脂肪がたまりすぎると、百害あって一利なし。皮下脂肪がたまって肥満になったり、内臓脂肪がついて生活習慣病の原因になったりするのです。

では、憎き肥満の原因となる脂肪は、いったい何からできるのでしょうか。犯人は2人います。血糖と、食べ物の中の脂肪というものです。ただ、問題となるのは摂取量ではなく、体内での吸収速度。同じ量を摂取しても、吸収する速度が早いと、肥満は進んでしまいます。まずは血糖について説明します。炭水化物など糖質を多く含むものを短時間でとると、血糖の急激な上昇を防ぐため、膵臓からインスリンが大量に分泌されます。じつは、インスリンは脂肪細胞のドアを開ける門番の役割を果たしています。そのため血糖は脂肪細胞にとり込まれやすくなり、その結果、肥満が加速してしまいます。

血糖の急激な上昇を抑えれば、インスリンの大量分泌を防ぐことができ、肥満もストップできるということになります。じつは、にがり水は糖質が血液に吸収される速度をおそくする作用があります。そのため、インスリンの上昇速度もゆるやかになり、肥満も予防できるのです。また、血糖値の上昇がおそくなるので、肥満だけでなく、糖尿病の改善にも、にがり水は効果的なものとされています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
ダイエットを始める前に
色々なダイエット
ダイエットの間違った解釈
運動
夜9時以降に食べない
キチンと3食食べる
ダイエットを始める時期
目標体重
ダイエットの勘違い
ダイエット中に口がさびしくなったとき
ダイエットの目的
停滞期
むくみ
ダイエットの励み
ダイエットとは?
炭水化物ダイエット
リバウンド
単品ダイエット
キャベツダイエット
グレープフルーツダイエット
ドライフルーツ
脂肪燃焼スープダイエット
ライ麦パン
寒天
みかん
クッキーダイエット
脂肪細胞
大豆ダイエット
バナナダイエット
骨盤ぐるぐるダイエット
バランスボール
ダイエットを成功させるために欠かせないもの
内臓温度
寒天ダイエット