様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > クレジットカード >クレジットカードは何枚必要?

スポンサードリンク

クレジットカードは何枚必要?

クレジットカード何枚あればいいでしょう。基本は、2枚。(国際ブランドを分けて) プラスαの多くて3枚。 中には、財布の中にはぎっしりとカードが入っていますなんていう人もいるでしょう。
一枚一枚の年会費は、最低で、1500円程度だからあまり気にならないんだろうが例えば10枚も持っていればそれだけで、年間15,000円(年会費1,500円×10枚) もの出費になっちゃいます。

もちろん10枚のクレジットカードを持つことが悪いことだとは言いません。そうやって使い分けることによって、年会費で払ったお金以上のメリットがあれば気にしなければいけないのは、年会費だけではありません。
最近では、スキミングやフィッシング詐欺などのカード情報を狙った犯罪が増えています。今までは、カード自体の盗難が主流でしたので、自分の手元からカードがなくなれば、すぐに気付けたし、カード会社への連絡など対応がすぐに取れました。

しかし、このスキミングやフィッシング詐欺を言うのは、カードそのものではなく、カードに記録されている情報のみが盗みの対象となっているのです。 カード自体はあなたの手元にあるために、盗まれたかどうか気付きにくいということです。たいていの人が気付く時というのは、カード会社から請求書が送られてきた時だと思います。
それまでの間にどれだけカード情報を利用され、ショッピングなどがされているのか…。そういった犯罪の被害に遭わない為にも自分自身でしっかりと管理できる枚数である2〜3枚のクレジットカードが望ましいと思います。もちろん絞りに絞って1枚だけのクレジットカードでも全然OKです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クレジットカードについて
クレジットカード会社と加盟店
支払い方法
リボルビング払い
付帯サービス・付帯保険
クレジットカード会社の誕生
カード会社の審査基準
カード会社の入会資格
国際ブランド
クレジットカードの系統
カード犯罪
銀行のセキュリティ
クレジットカードの安全性
クレジットカード会社の収入源
年会費無料のクレジットカード
優待サービス
クレジットとは?
クレジットカードの使い方
利用限度額
海外旅行
自動車に関するサービス
クレジットカードの特典
身分証明書としてのクレジットカード
クレジットカードは何枚必要?
クレジットカード発行の審査
インターネットでの買い物
クレジットカードのトラブル
キャッシング機能
フリーローン
キャッシングを利用するにあたって