様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > 化粧水のつけ方

スポンサードリンク

化粧水のつけ方

化粧水をつけるとき、コットンなどを使っていますか?それとも手ですか?結論からいうと、手のほうがいいです。というのもコットンはどんなに上質のものを使っても繊維の刺激があり、肌に小さな傷をつける可能性があるからです。そうやって角質層を傷つけてしまうと、そこから大事な肌のうるおい成分が流れ出して、外からの刺激が中に入ってきてしまいます。そして肌は乾燥して、結果肌老化を招く原因となります。ですから普段化粧水をつけるときはコットンを使う必要はありません。化粧水でも美容液、乳液でも手でつければ充分です。手でつけるとムラになるとか、手に化粧品がしみこむことはないので気にしなくて大丈夫です。手に化粧水がしみこむなら、手のひらにすくった水もしみこんでしまいますよね。でもそんなことはないですよね。だから手でつけましょう。化粧水だけでなく、美容液、乳液、クリームは手に取ったあと、肌をやさしく押さえるようにしながら手のひらや指の腹でつけていきます。肌を引き締めようとしてパンパン叩く人がいますが、たたく刺激は赤ら顔やシミの原因になります。血行をよくするためにツボ押しを取り入れるといいいでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方