様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > ヒアルロン酸の長所と欠点

スポンサードリンク

ヒアルロン酸の長所と欠点

ヒアルロン酸は化粧品として肌に使うと、肌の表面の保湿としてとてもすぐれています。乾いた空気の中でも水分を逃がさないという性質からもわかります。そしてセラミドよりはかなり安く、敏感肌の人でも使うことができるので、日常使う保湿成分配合の基礎化粧品としてはとてもいいものといえます。とくに30代ぐらいまでの人の場合は肌の油分よりも水分を増やしたほうがいいので、乳液などよりもヒアルロン酸配合のノンオイルまたは油分少な目の美容液を使うととても肌にとってよいでしょう。ただし、ヒアルロン酸にも欠点があります。あまりたくさん使ってしまうと肌が「べとべとした感じになってしまう」ということです。水分が多いので、夏に湿度が高いときに肌がべとべとするように肌が湿った感じになってしまうのです。潤ってすべすべというよりはべったり張り付いている感じになってしまいます。化粧ののりが逆に悪くなってしまうことも考えられます。これはもともとヒアルロン酸が肌の内部にはない成分だからでしょう。角質へのなじみがあまりよくありません。もともと角質にあるセラミドや天然保湿成分のほうがなじみがいいので、いろいろなものをうまく使い分けていきたいものです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方