様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > 保湿成分〜ヒアルロン酸

スポンサードリンク

保湿成分〜ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、保水性が非常に高いため、化粧水や美容液などの保湿成分として配合されることが多いです。糖類の一種であり経口摂取可能であるため、サプリメントや健康食品に配合されていることも多いものです。皮下注射した場合、半年前後は吸収されずにそこにとどまりしわを伸ばす効果があるのでしわとり治療として美容外科や皮膚科で注射治療が行われる場合も多くあります。ヒアルロン酸は1gあたりなんと6,000mLもの水を保持することができますが、からだの中のヒアルロン酸は、成長とともに減少していきます。例えば、大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの20分の1と言われています。もともとはニワトリのトサカから抽出されたもので、高価なものでした。でも今はバイオの技術で安く生産できるようになりました。天然でも合成でも効果に変わりはありません。
ただ、化粧品に含まれるヒアルロン酸は真皮まで浸透することはないので、加齢とともに減ってしまったヒアルロン酸を増やす作用は残念ながらありません。すぐれた水分維持力を生かして保湿成分として配合されている化粧品を使いましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方