様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > クレンジングの種類と肌への刺激度

スポンサードリンク

クレンジングの種類と肌への刺激度

クリームやジェル、オイルなどクレンジング料にはいろいろなタイプがあります。いずれにしてもクレンジング料は毎日のイキンケアアイテムの中ではもっとも肌を痛めやすいものなので、なるべく質のいいものを選んで肌をいたわりましょう。いろいろあるクレンジング料の中で比較的肌にやさしいといえるのは洗い流せるクリームタイプのものです。乳化したジェルタイプ(透明でなく白いもの)でもいいでしょう。それ以外のタイプのものはどうでしょうか。最近はオイルタイプのクレンジング料が人気です。ただ、洗浄力が強いものが多いので、毎日使うと肌をいためる原因になってしまいます。油分を多く含む分、メーキャップの油分となじむのですが、今度はそれを落とすための界面活性剤が多量に必要になってしまうからです。サラサラとした液状のため、つい肌をごしごしこすってしまいがちになる点もきをつけなければなりません。リキッドタイプのクレンジング料も同様です。ミルクタイプのものは肌にやさしい感じがするのか、人気があるようですが、水分が多いため、メーキャップとのなじみはあまりよくありません。結果としてあまり落ちないので肌をこすって痛めてしまうこともあります。メイクが薄めのとき、例えばルースパーウダーだけなどの場合に一応クレンジングもしておきたいならいいのですが、ファンデシーョンをばっちり塗ってあるようなお化粧のときには、あまり有効ではないかもしれません。

最近では「時間がないときにさっと使える」というシート状のものやふきとるタイプのものもたくさん出ています。ですが、これが一番肌をいためます。ふきとるということは刺激が強く、肌によくありません。ましてや毎日おこなうと赤ら顔になったりシミを作ってしまう可能性もあるのです。泡タイプで簡単に落とすというものもあります。でも、泡は水を多く含むのでメイクアップ料とのなじみが悪く、それを補うために界面活性剤が多く含まれていたりするので手軽な分、肌への負担がふえてしまったりします。
いろいろなタイプをみてみると、「クリームタイプ」のものが一番肌にはいいのかもしれません。油分も水分も多すぎず、バランスがいいといえます。なかでも適度な硬さのある上質なものを選びましょう。値段の安さや簡単さで選んでしまうのはよくありません。かといって値段が高ければいい、というわけではもちろんありません。それよりもクレンジング料が合っていないと、そのあとにどんなによいスキンケアをしても肌はきれいにならないということを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方