様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > 日焼け止めローション・日焼け止めクリーム

スポンサードリンク

日焼け止めローション・日焼け止めクリーム

日焼け止めローション、日焼け止めクリームなどについてですが、これらは紫外線をブロックする事を目的に作られています。人間の皮膚は、茶色いメラニン色素を分泌し、日焼けをする事で紫外線の侵入を阻害しようとします。ですが、そんな事を何度も繰り返していたのでは肌が痛んでしまいます。

太陽光に含まれる紫外線の内、地球に到達するものは、UV(ultraviolet)-A、UV-Bの波長の2種類です。UVA波は、その35〜50%位が表皮を通過して真皮まで達し、黒く日焼けした状態(サンタン)を起こし、シワやシミなどの肌の老化(光老化)の原因になります。UVA波は波長が長いため、ガラスも透過してしまいます。室内や車内でもガラス越しに日焼けしてしまうのです。UVB波は、大部分表皮で吸収・錯乱され、真皮にまで達する量は少量ですが、皮膚が赤く火照った状態(サンバーン)を起こさせ、数日経ってから日焼けした状態(サンタン)になります。

日焼け止め剤には、SPFやPAという紫外線防止効果を表す指数が示されています。

PA(Protection of UVA)は、UVAの遮断率を表す防御格付け指数です。PAは+、++、+++の3段階で表されます。+は紫外線遮断効果がある、++はかなり効果がある、+++は非常に効果がある、という評価付けになっています。

SPF(Sun Protection Factor)は、UVBの遮断率を表す防御指数です。化粧品を塗った状態と何も塗っていない状態を比べて、どの位の時間で皮膚に炎症を起こすかを測定して、数値化したものです。何もつけていない状態に比べて、UVBを何倍防ぐことができたかを示す数値なので、SPFが高いほど紫外線遮断効果が優れていることになります。SPF25の場合、全く日焼け止めをつけていない場合と比べて、紫外線遮断効果が25倍になることを示しています。SPF50の場合は、50倍という事になりますね。

では、SPFの数値による使い分けですが、日常生活の中の、洗濯干し、近所への買い物程度の場合は、SPF10〜25、PA+、屋外での軽いスポーツやレジャーを行う場合は、SPF10〜25、PA+〜++、海水浴など炎天下でのレジャーやリゾートの場面では、SPF30〜50、PA+++、非常に紫外線の強い場所や紫外線に過敏な人は、SPF50以上、PA+++これくらいが目安です。

それから、日焼け止め剤を塗る順番は、通常スキンケアの最後で、メイクアップ化粧品を塗る前です。最近では、メイクや髪や服の上からスプレーするタイプなども出ています。

紫外線については、他にも留意したい点があります。

紫外線が強くなるのは、時期的には5〜8月、時間的には10〜14時頃です。もちろん、他の時期にも気を抜かない事が大切です。

また、場所によって紫外線反射率が異なっています。草原や芝生などの植物のある場所<路上のコンクリート<海岸の砂浜<波の立っていない湖の水面<ゲレンデの雪面の順番で紫外線反射が高くなります。真夏の照り返しの強いコンクリートの上よりも、晴れた日の白銀の世界の方が紫外線が強いということですから、スキーヤーの方は気をつけて下さいね。

次に、紫外線を通しやすい色や素材についてですが、紫外線を通しやすい色・・・白・ピンク・薄水色、紫外線を通しにくい色・・・黒・赤・濃紺、紫外線を通しやすい素材・・・麻・綿・レーヨン、紫外線を通しにくい素材・・・ウール・ポリエステル、となっています。夏に好んで着られている白や水色の麻・綿素材の洋服は涼しげでいいのですが、紫外線を通しやすいのはちょっとショックですね。これらのことを踏まえて、化粧品だけではなく、帽子やパラソルも選ぶようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方