様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 基礎化粧品 > クレンジング剤

スポンサードリンク

クレンジング剤

クレンジング剤は、化粧品としては少々影の薄い存在かもしれませんが、基礎化粧品の中でも、肌に与える影響が最も大きいものかもしれません。メイクアップ化粧品は油性の物質ですので、水で洗っても落とすことはできません。油性の汚れは、油性のクレンジング剤で浮き上がらせて、通常は馴染むことのない水分と混ぜてから洗い流さなければなりません。

クレンジング剤には、オイルタイプ、乳液タイプ、水性ジェルタイプ、クリームタイプ、拭き取りシートなどがあります。メイクのオチが最も良いのは、やはりオイルタイプのようです。

では、油は油で落とすのが一番なのでしょうか。オイルタイプは、メイク落ちが良いので優れたアイテムのようですが、このタイプは強い界面活性剤を含んでいるのです。界面活性剤は、主に洗剤の主成分として使われていますが、分子内に親水性部分と親油性部分を持っているので、親水性物質と親油性物質を均一化する為に使用されています。人体にとって有害なものが多く、環境汚染の原因にもなる物です。クレンジング剤に限らず、多くの化粧品に、普通は混じることのない水と油を混合する為の界面活性剤が使用されています。

クレンジング剤の中でお薦めな物は、比較的油分の量が少ないアイテムです。クリームタイプのクレンジング剤を拭き取って落とすのが、比較的良い方法だと思われます。乳液や水性ジェルタイプは、ややメイク落ちが悪い為、比較的軽めのメイク用といったところでしょうか。数は少ないですが、オイルジェルタイプというものも登場しています。水性ジェルタイプに「ダブル洗顔不用」という記載があるものが多いようですが、満足にメイクが落とせない場合がほとんどですので要注意です。オイルタイプはメイクが良く落とせますが、オイルが毛穴に残りやすく、皮膚トラブルの原因になりかねません。何度もファンデーションを重ね塗りしたり、部分ファンデと重ね塗りするなど、メイクが濃い場合に使用すると良いでしょう。

クリームタイプがお薦めといっても、製品によって使用感に違いがあります。洗顔後も何となく残留感のある物もありますので、洗顔料でさっぱりと落としきれるかどうかで選んでみて下さい。拭き取りシートで擦るのは肌に余り良くないですので、外出中の化粧直しなど、ちゃんとクレンジングできない時にのみ使用してください。マスカラのような落としにくいアイテムには、専用のメイク落とし(「リムーバー=remover」などとも言います)を使用しましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
基礎化粧品とは?
基礎化粧品を選ぶにあたって
化粧品の分類と成分表示
一般化粧品
自然派化粧品
薬用化粧品
消費期限と保存方法
基礎化粧品をつける順番
基礎化粧品と肌質
基礎化粧品と季節
メイク落とし
クレンジング剤
洗顔料
ピーリング系の化粧品
洗顔の方法
化粧水
ナノ化粧品
乳液
クリーム
美容液
日焼け止めローション・日焼け止めクリーム
化粧品の留意点
肌に良い栄養素と効能
肌を荒らす原因
クレンジング料
クレンジングの種類と肌への刺激度
界面活性剤
化粧品の添加物
落ちにくいポイントメイクを落とす方法
クレンジングの方法
洗顔料
いろいろなタイプの洗顔料
弱酸性の洗顔料
洗顔はいつするの?
洗顔の方法
化粧水
セラミド
セラミド配合化粧品の選び方
保湿成分〜ヒアルロン酸
ヒアルロン酸の長所と欠点
ビタミンC誘導体
化粧水のつけ方
美容液
美容液は必要?
美容液の成分
美容液の塗り方