様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 美容整形 > フェイスリフト

スポンサードリンク

フェイスリフト

エイジングが進んだ結果、頬や首のたるみによってフェイスラインが崩れた場合、最終的な解決手段として行われる外科手術が、フェイスリフトです。方法としては、皮膚を切開して広範囲の皮膚と耳下腺浅筋膜を引き上げるフルフェイスリフトと切開口が少なく部分的に引き上げるミニリフト、マイクロリフトに分けることもできますが、その境界線ははっきりしていません。最近は、もっと小さい範囲のマイクロリフトを繰り返すことにより、リフトを軽くする傾向があります。

フルフェイスリフトと呼ばれる広範囲のリフティングでは、皮膚だけを吊り上げる方法と、耳下腺浅筋膜も一緒に引き上げるSMAS法があります。フェイスリフティングは効果が10年は保てるといわれていますが、その間にも加齢は進むので、実際のところ同じ状態を保ち続けるのは不可能といえます。したがって何年持つかではなく、手術で何歳若返ることができるかがポイントであり、それは何センチ引っ張れるかによってきます。

皮膚だけを引っ張る手術では、広範囲を切開することができますが、傷部分の皮膚が弱くなって重力によって伸びやすくなり、手術後、半年〜1年の間にある程度戻ってしまうという欠点があります。2センチ引き上げても、5ミリぐらいは伸びてしまいますので、実際の効果は1.5センチほどになるのです。

一方のSMAS法は、筋膜も一緒に引き上げるので、皮膚で2センチ引き上げれば、皮膚の伸展による後戻りが少ないため、より効果的なリフティングができます。しかしデメリットとしては、筋膜の切開は広範囲に及ぶと顔面神経を痛める危険性があり、耳の前からせいぜい4センチが限度とされています。

リフティング手術の中でも、剥離範囲が小さいものを「ミニリフト」「マイクロリフト」と呼んでいます。SMAS法を行わないか、あるいは1〜2センチだけ剥離する場合もあります。またSMAS法でも筋膜を剥離せずに、切除するだけのものや、プリーツのように束ねて縫いつけてしまう方法(プリケーション)がとられることもあります。

ミニリフトでは、剥離範囲だけではなく、引き上げる量そのものを少なくするのもポイントです。引き上げる量が多いと、他の部位にそのしわ寄せが現れることもあります。たとえば頬のたるみをとるために大きく後ろに引くと、変わりに首の後ろにたるみが生じ、そこを取らなければならなくなります。引きを弱くしてミニリフトに留めておけば、このような問題を避けることができるでしょう。

エイジングの改善として行う場合、頬のみ、額のみという個別の対処法はあまり効果はありません。たるみもトータルに改善すべきでしょう。他の療法との組み合わせも可能です。たとえば日本人は欧米人に比べて歯槽骨が出ており、口元が前に出たいわゆる出っ歯が多いため、鼻唇溝のシワも深くなりがちです。このシワを消すには、頬を横に引っ張るとよいのですが、先にも述べたように引きすぎると首の後ろにたるみが生じることになります。このような場合は、リフティングで引く量は少なめにし、あとは鼻唇溝に注入用充てん剤を注入するなどして補う方法もあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
二重まぶた
ヒアルロン酸
プチ整形
韓国
埋没法
眼瞼下垂
脂肪吸引
口の整形(唇の整形)
審美歯科
アンチエイジング(抗加齢医学)
ヒアルロン酸
歯のホワイトニング
プチ整形
豊胸手術
二重まぶた
ワキガ・多汗症
医療レーザー脱毛
ヒアルロン酸注入
鼻の整形
顔の輪郭形成
ケミカルピーリング
永久脱毛
フェイスリフト
超音波療法による部分痩せ