様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > コンビニ経営 > パンの新商品

スポンサードリンク

パンの新商品

パンの新商品などの発注の際1日の売り上げ数に上乗せするのか、それとも定番商品の個数を減らすのか迷うことがありませんか?たとえば、1日に500個販売するとするば、そのうち新商品の数はおおよそ30〜50個、アイテム数にすると約5種類ぐらいが主な新商品の数です。でも単品で新商品を100個に設定すると50個の定番アイテムを削らなければなりません。陳列棚を横3段縦5段だとすると1段に入るパンの数は大体25〜30個ぐらいですね。新商品は1番目立つ上段に置くのが一般的ですね。その下にはオリジナルのパンその下には有名メーカーのパンが大体陳列されていると思います。でも新商品を100個発注すると上段1段分占領もしくはバックカウンターなどに保管しておくか入り口に催事台を設けておかねばいけません。100個分の陳列スペースがなくなってしまい最下段などは何も陳列されなくなってしまうでしょう。その開いたスペースをほかの商品で埋めることはできますが、元はパンのコーナーですからなんとかパンを置くよい方法を考えなければなりません。
その方法として1つよい提案があります。横3段の陳列ケースならば真ん中の段3段を単品新商品で埋め尽くし上から2段目の真ん中にPOPを付けるとお客さんにはとりわけ目立ちます。さらに2箇所展開する場合は催事台などを入り口設ければ入店後の買わなかったお客様も1度に取り込めます。3段新商品で埋め尽くすことによって最下段にほかの定番商品を陳列することができます。定番商品をカットしてしまうと今まで毎日のように同じ商品を購入したお客様のクレームにもつながります。この方法は真ん中にスペースを大きく設けることによってお客様が一目で分かることすなわち購買意欲を掻き立てるひとつの方法です。
この方法を実践したお店がありますが、それまで新商品の1日販売数が15個に対し、この方法を実践することによって最高120個販売した実績があります。この方法は少しお客様に認知されるまで時間がかかり最初は廃棄がたくさんでるでしょう。しかしのちに確実な成果を挙げています。この方法は途中であきらめずに失敗を繰り返しても継続して行った結果であり総販売数も上がってきます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
レジ袋
人を雇うにあたって
売れるもの売れないもの
お客様の声
売れ筋商品
新商品の発注数
商品の発注
商品カットのタイミング
ファックス
商品の陳列場所
ゴールデンゾーン
新商品の陳列
イベント時は大忙し
新人アルバイトさん
陳列の変更
新商品の採用
店内はきれいに
外国人のアルバイトさん
POPの作成
パンの新商品
ガラス清掃
陳列棚の清掃
コンビニの朝
9:00〜
10:00〜
11:00〜
12:00〜
14:00〜