様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 床ずれ予防

スポンサードリンク

床ずれ予防

寝たきりの高齢者を世話する際、床ずれの予防には気をつけましょう。最近、床ずれについて研究が進み、新たなことが分かってきました。引っ張られるといった不自然な姿勢によって筋肉などがゆがむと、さらに悪化することです。知っていると家庭でも役に立ちます。

肌を清潔に保ち、わずかな変化も見逃さないなど、一般的な防止策のほか、ベッドの上での体位変更、おむつ交換などで引っ張られた姿勢にならないよう注意しましょう。

床ずれは、長時間同じ部分に体重がかかって血液の流れが悪くなったり、摩擦で皮膚などが傷ついたりすることで起こります。筋肉など体内の組織の形がゆがんでずれが生じると、血の巡りがさらに悪くなり、単に圧迫された時よりも症状がひどくなることがあるそうです。

たとえば、食事などのためべッドの上半分を起こしたり水平に戻したりする場合。起こす際には、寝たきりの人の体が滑り落ちないよう、介護者が背中とべッドの間に手を入れて支えますが、戻す際は注意が払われないことが多いようです。その為、体の位置がずれた状態で、あちこちの筋肉や脂肪などにゆがみが生じるのです。お年寄りの皮膚など体の表面だけではなく、体の中にかかる力にも注意が必要です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防