様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > ポータブルトイレ

スポンサードリンク

ポータブルトイレ

ポータブルトイレは、電動ベッド、車いすと並び、介護の三種の神器と呼ばれ、とりあえず購入を考える人の多い介護用品です。介護保険の補助で手軽に買えるようになりましたが、使いこなせず、部屋を狭くする無用の長物となってしまうケースも少なくないといいます。

排せつは人間の尊厳にかかわる行為です。どうしてもトイレに行けなくなった時に、即おむつと考えずまずポータブルトイレを活用するとおむつを使わずに済む場合があるそうです。

プラスチック製で最も簡単なものは1万円前後からあり、脱臭機能や洗浄使座が付くともう少し高くなります。ポータブルトイレを購入する際には、介護保険の補助の対象となりますが、レンタルではないので、一度買ってしまったら交換はできません。使用の目的と身体機能に合ったものを選ぶことが大切です。筋力が弱ってトイレまで歩いて行けない場合には、立ち上がる時に足を引くスペース(蹴込み)が必要なので、プラスチックスツール型では、不十分なことがあります。運動機能は落ちていない型には、同タイプでも大丈夫でしょう。購入の際には、一番身近な専門家、ケアマネージャーに相談しましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防