様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 歩行器

スポンサードリンク

歩行器

足が不自由なお年寄りの移動を助けてくれる「歩行器」には、様々な種類があります。車いすと比べると、あまりなじみがありませんが、自分の足で歩き、筋肉の衰えを防ぐことができます。ただ、転倒の危険などを避けるため、体の状態に合ったものを上手に使うことが大切です。

歩行器は、左右を交互に前に出し、つかまりながら足を前に進めます。歩行器は両手を使うので、半身マヒの人には向きません。体の状態は、一人一人違うので、必ず専門家に相談するようにしましょう。

歩行器の相談をするのに最も適した専門家は、理学療法士です。リハビリの専門家で、歩行など日常生活動作の専門知識を持っています。介護保険の訪問リハビリなどのサービスを利用して理学療法士に来てもらい、使う人の体の状態や、住宅の環境を見てもらうといいでしょう。病気やケガの後に限らず、最近歩行が不安定になり、転びやすくなった、などの場合にも、ぜひ理学療法士に相談しましょう。

ひじ置き型歩行車にサドルが付いていて、軽く腰掛けることで足にかかる体重を減らしたり、疲れたら座って休めるものも出ています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防