様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 車椅子選び

スポンサードリンク

車椅子選び

体の大きさや状態に合った車いすを選べば、寝たきりになりにくいだけでなく、行動範囲が広がります。わずかな時間の移動手段として使う場合は別ですが、体の寸法や状態に合わない車いすは、体に思わぬ悪い影響を及ぼします。体に合わない車いすを使用すると、床ずれにつながるほか、姿勢が悪くなるため、内臓が圧迫されたり、飲み込んだ食べ物が気道に入ったりする原因にもなる事があります。

車いす選びでまず必要なのは、体の寸法にぴったり合っていること。
@ 腰かけた時、尻の後ろからひざの後ろ側までの長さが、座面の奥行きより数センチ長いこと。
A 座面の幅は、腰掛けた時の尻の幅より左右それぞれ1.5〜2センチ長い。
B 腰掛けた時のひざ裏から靴底までの長さと、座面(クッシンの上面)から足乗せ台までの長さが一致する。
C 腰掛けた時の、座面からひじまでの高さとひじ掛けの高さが一致する。
などです。

車いす選びの際に、理学療法士などの専門家に体の状態を相談したほうがよい場合もあります。あおむけに寝て脚を上げた体勢を取ってみて、70度ぐらいしか曲がらないと、座面と背もたれがほぼ直角の車いすに腰掛けた時、尻と背もたれの間にすき間ができ、座面からずり落ちたり、床ずれをおこしたりします。

メーカーのショールームがあれば、足を運んでみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防