様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 伝い歩き

スポンサードリンク

伝い歩き

高齢者が病気や事故などで体が不自由になると、車いす生活を前提に自宅をリフォームしなければと考えがちですが、今ある家の壁や家具を上手に利用し、伝ったりもたれたりして歩く暮らし方が注目されています。家での生活に具体的に役立つリハビリを提供する事業者には、今年度から介護保険の報酬が加算されるようになり、積極的に取り組む施設も増えそうです。

壁や家具で体を支えながら歩いたり、物につかまって立ち上がったりすることは、年を重ねて徐々に衰えてきた人にとってはごく自然な動作です。しかし、元気に過ごしてきた高齢者が病気やけがなどで体が不自由になった場合、本人も周囲も車イス生活に移行しがちです。

車いすでの生活は、狭くて物の多い日本の家は大改造が必要になり高い費用がかかります。また車いすで動けるところしか外出しにくくなってしまう面もあります。伝い歩きの場合、狭さと家具の多さはプラスに働き、改造は最小限で済みます。支えが欲しい場所に家具を置けば手すり代わりになります。歩き方のコツを身につければ、手すりのない段差が多い場所でも出かけられるようになります。壁や家具は体全体を支えられ、手を使わずに済むので、お盆や食器など物を持っても歩きやすいでしょう。

こうした生活で体が動くようになれば、高齢者でも徐々に体力が向上します。もちろん、すべての人に伝い歩きが可能なわけではありません。まずはリハビリ担当者に希望を伝え、相談してみてください。自己流でいきなり伝い歩きを試すと大変危険です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防