様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 高齢者の視覚特性に配慮した住宅

スポンサードリンク

高齢者の視覚特性に配慮した住宅

高齢者の視覚特性に配慮した住まいづくりは広がっています。玄関のスロープは入り口や上がり口の部分で色が違うと、段差があると錯覚するなど、色を変えない方がいい場所もあります。住宅改修の際などには、福祉住環境コーディネーターなど、高齢者の視覚特性を知る人に相談しましょう。

@ 読書や手作業には若年者の約2倍の明るさが必要。手芸や裁縫なら1500〜3000ルクス、読書は600〜1500ルクス、調理や化粧は500〜1000ルクスが目安。ただし、部屋全体を明るくするのではなく、補助照明を使うなど、必要な時だけ明るくする工夫をする。

A 高齢者は夜中にトイレに起きる回数が増える。照明がまぶしいと目が覚めて眠りにつきにくくなるので、安全てまぶしくない明るさにする。目安は10〜20ルクス。

B 夜間にトイレや台所に安全に行くため、足元灯などをつける。センサー付きが便利。

C 白内障の場合は、光源が直接目に入らないように、カバーをつける。

D 照明の光が反射しないように、壁は真っ白ではなく、ベージュなど茶系を入れた色にする。

E 壁と扉は同系色を避ける。廊下などの床と階段も同様にする。階段のすべり止めは鮮やかな色にする。

F つやのある塗料は反射してまぶしいので、つや消し塗料を用いる。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防