様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 腹臥位療法

スポンサードリンク

腹臥位療法

寝たきりの予防法として、うつぶせ姿勢を取る「腹臥位療法(ふくがいりょうほう)」が注目されています。筋肉や内臓の働きが弱ったり、意欲が衰えたりする症状を予防、改善する効果があり、病院を中心に取り入れるところが広がっています。

うつぶせに寝てひじを曲げ、手のひらを敷布団に当てるのが基本の姿勢です。手のひらを布団につけることで、大脳の自律神経をつかさどる視床下部に刺激が伝わり、意識がはっきりします。あおむけで寝ている状態に比べ、自力で首や上半身を持ち上げやすく、腸も刺激を受けて活発に働き、便が出やすくなります。

特別な道具は不要ですが、骨折や窒息を防ぐ注意が欠かせません。長い間寝たきりの状態だった人は、骨が弱っていることが多く、無理に勤かすと骨折します。まひなどでうつぶせになれない人は、横向きに寝る、半腹臥位から始めます。うつぶせになれる場合でも関節が開きにくい人には、足やおなか、胸などの下にクッションを当ててすき間を理めると楽になります。顔を横に向けられない人の窒息予防には、顔の下に輪形のクッションなどを当てて空間を作り、目を離さないようにします。

自己流でするのは危険です。家庭で試す場合は、まず主治医に相談しましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防