様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 訪問販売対策

スポンサードリンク

訪問販売対策

一人暮らしの認知症のお年寄りなどが、訪問販売で必要ない高額な商品を買わされる被害が急増しています。十分な判断能力がないのを承知の上で、同じ物をいくつも販売する悪質なケースが少なくありません。トラブルに巻き込まれると、解決までに時間も手間もかかります。被害を防ぐ手だてを考えておくことが大切です。

離れて住む親には、まめに電話するなどして、訪ねてきた人や話した内容を聞くのはもちろん、ホームヘルパーを頼んだり、デイサービスを利用するなど、親が一人で家にいる時間をなるべく減らします。口座からの自動引き落としにされてしまうと、被害に気づくのが遅れるので、通帳を家に置かず、口座番号を業者に知られないようにするのも一つの手です。

最近では社会福祉協議会や消費生活センターが、行政、警察、近所の住民などとも連携し、お年寄りの被害を防ぐ例も増えています。こうしたネットワークがお年寄りを見守っていることを示す紙を玄関に張るだけでも、効果があります。

被害に遭った場合も泣き寝入りしないことです。消費生活センターなどが交渉に当たると、判断能力がないことを示す診断書などがなくても、無条件に解約できることも多いそうです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防