様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 高齢者介護 > 猛暑

スポンサードリンク

猛暑

猛暑が続くと、体の機能が衰えているお年寄りは、栄養不足が病気につながるので、特に注意が必要です。たんぱく質を十分取るなど、バランスのとれた食事を心がけるとともに、脱水症状を起こさないようにこまめに水分を補給することも大切です。

高齢になると、基礎代謝量や身体の活動量が少なくなり、食欲が低下します。また、胃の粘膜が委縮し、たんぱく質や脂肪を分解する酵素の分泌も悪くなります。食欲がないからとめん類などの炭水化物に偏ると「たんぱく質・エネルギー低栄養状態(PEM)」に陥りやすく、貧血や感染症の原因にもなります。牛肉や豚肉は焼いたり揚げたりせず、湯通しすれば、脂気が抜けます。市販のウナギのかば焼きはこってりしているので、調味料代わりにして、長芋などの根菜類と一緒にいためるとさっぱりします。

のどの渇きを感じにくくなるので、自覚症状がなくても、まめに水やお茶などを飲みましょう。高血圧の人は、水分が不足すると血液が濃くなり、血管が詰って脳こうそくを引き起こす恐れがあります。「舌が乾いていたり、手の甲をつまんだ時の形がしばらく残ったりすると、脱水症状の可能性があります」。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
猛暑
認知症の早期発見
認知症支援
訪問販売対策
体に合った椅子(いす)
腹臥位療法
スローピング
パワーリハビリ
高齢者の視覚特性に配慮した住宅
立ち上がり補助いす
介護保険
介護サービス
見守りサービス
病院や施設に暮らす高齢者の一時帰宅
閉じこもり予防
伝い歩き
色彩や照明に配慮した住環境
傾聴
介護する側は頑張り過ぎず余裕を持って
頑張り過ぎない介護の工夫
様々な工夫
古武術の身のこなしを取り人れた介護法
車椅子選び
歩行器
電動車椅子
ポータブルトイレ
配食サービス
高齢者専用賃貸住宅
特定施設のケアハウス
特別養護老人ホーム
訪問理美容サービス
床ずれ予防