様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 美肌 > 生理と肌あれ〜黄体ホルモン

スポンサードリンク

生理と肌あれ〜黄体ホルモン

女性にとって生理は長い期間かかわってくることです。初潮から閉経まで年々変化し続けて、妊娠・出産時には劇的に変化します。このような女性ホルモンの変化は当然肌にも大きな影響を与えるのです。ところで女性ホルモンとは何でしょうか。大きく分けて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」2種類あるのです。まず「黄体ホルモン」ですが、これは生理前に分泌されるホルモンです。これによって皮脂分泌が増えてニキビができたり、シミができやすくなるといわれています。むくみやイライラの原因になるのもこの黄体ホルモンです。生理前の黄体ホルモンによる影響は普段の生活が不規則だったり、ストレスが強かったりするとより強くあらわれてしまいます。体質的にある程度はしかたがありませんが、なるべく楽に過ごすためにできることはやってみましょう。生理前は肌がいつもより弱くなっているので、スキンケアは敏感肌用の化粧品を使いましょう。美白などの積極的なお手入れはあまり無理せず、最低限のお手入れにとどめましょう。ただし、シミができやすい時期なので紫外線には気をつけましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
新陳代謝
肌のくすみ
シワ対策
オイリー肌
美肌のためのスキンケア
乾燥肌対策
健康状態
パック
敏感肌対策
敏感肌用化粧品
ストレッチ
生活のリズム
肌のバリア機能
骨盤・背骨の歪み
老廃物を排出しよう
お酢
紫外線と乾燥
エストロゲン
玄米を食べよう
鉄分・亜鉛を取ろう
正しい洗顔の仕方
オイルタイプのクレンジング剤を使うなら
肌断食をしよう
ビタミン・ミネラルを取ろう
アンチエイジング成分AC-11
白金ナノコロイド
セラミドを取ろう
基底層
ターンオーバーとは?
角質のバリア機能
コラーゲン
美肌によくない食べ物の取り方
肌によい食べ物
美肌のための食事
飲み物
睡眠
寝る時間
ストレス
生理と肌あれ〜黄体ホルモン
生理と肌あれ〜卵胞ホルモン
ニキビ
乾燥肌のにきび対策
乾燥肌対策
脱毛クリーム・脱毛ワックス・脱毛テープ